閉じる

まるか食品の歩み

  • 1971年 8月 「野菜ラーメン」発売。東北・信越地方でヒット商品となり、2交代制で生産。
  • 1973年 2月 「味の大関赤みそラーメン」発売。
  • 1973年 7月 カップめんの製造をはじめ「ペヤングヌードル」を発売。
  • 1975年 3月 業界初の四角い容器のカップめん「ペヤングソースやきそば」を発売する。
  • 1975年 5月 「ペヤングソースやきそば」ヒット商品となる。
  • 1975年 8月 増産体制のため本社工場地1,140平方メートル、赤堀工場5,100平方メートルを購入。
  • 1976年 3月 まるか食品株式会社社長丸橋嘉蔵、会長に就任する。
    専務取締役丸橋善一、社長に就任。
  • 1976年 4月 赤堀工場完成、カップめん4ライン、日産40万食、まるか食品株式会社の販売会社として、まるか商事株式会社(資本金1,000万円)設立。
  • 1976年 7月 まるか商事株式会社、足利工場を購入。
    土地27,200平方メートル、建物5,580平方メートル。
  • 1976年 10月 足利工場において包装容器の製造を開始。
  • 1977年 4月 足利工場においてパック包装部門を開始。